立徳ブログ

教養を身につけるのに役立つ情報を提供します

グレートブックス(1945~)

知覚の現象学
知覚の現象学 (叢書・ウニベルシタス)
メルロ・ポンティ 1945年 教賢震
開かれた社会とその敵 ポパー 1945年 賢震政
菊と刀 ベネディクト 1945
タタール人の砂漠 ブッツァーティ 1945年 W全イタリア
ウェルギリウスの死   ブロッホ 1945年  W理オーストリア
西洋哲学史 ラッセ 1945年 
長くつ下のピッピ リンドグレーン 1945年 スウェーデン
ブライヅヘッドふたたび イーヴリン・ウォー 1945 考ニ
動物農場 オーウェル 1945 Gニ政
生活の物語   パウストフスキー 1945-63年 Wロシア
英語教師 ナーラーヤン 1945年 Fインド
菓子売り ナーラーヤン 1967年
アンネの日記 アンネ・フランク 1946 C震L読
その男ゾルバ カザンザキス 1946年 N理ギリシャ
サガラーナ  ローザ  1946年 Wブラジル
大奥地 ローザ  1956年
The Devil to Pay in the Backlands ローザ 1956年
堕落論 坂口安吾 1946年 賢全 解説
死霊
死霊〈1〉 (講談社文芸文庫)
死霊〈2〉 死霊〈3〉
埴谷雄高 1946~95 教文
復興期の精神 花田清輝 1946年 必文全
斜陽 太宰治 1947年
人生論ノート 三木清 1947 K読
啓蒙の弁証法―哲学的断想 (岩波文庫 青 692-1) アドルノ&ホルクハイマー 1947年 賢震
夜と霧 夜と霧 新版 フランクル 1947 賢文震自L読
活火山の下で ラウリー 1947
日々の泡 ヴィアン 1947
ブレストの乱暴者 ジュネ 1947
泥棒日記 ジュネ 1949
人間失格 太宰治 1948
野火 大岡昇平 1948 文全
俘虜記 大岡昇平 1948年 必池全
レイテ戦記 大岡昇平 1971 文全
ヨーロッパ文学とラテン中世 クルツィウス 1948年 Wドイツ
ラ・アルカリアへの旅 セラ 1948年 Wスペイン
臆病者たち  シュクヴォレツキー 1948-49年 チェコ未邦訳
The Bass Saxophone   シュクヴォレツキー 1969年
第二次世界大戦回顧録 チャーチル 1948~54 C文ニ政
サイバネティックス ウィーナー 1948 震S
きけわだつみのこえ 日本戦没学生記念会 1949
1984年 (ハヤカワ文庫 NV 8) オーウェル 1949 C文震SニT全
地中海 ブローデル 1949
第二の性
決定版 第二の性〈1〉事実と神話
決定版 第二の性〈2〉体験(上)
決定版 第二の性〈2〉体験(下)
ボーヴォワール 1949 C文震S哲
アレフ ボルヘス 1949 W理
原子物理学における認識論的諸問題に関するアインシュタインとの討論 ボーア 1949
崩壊概論   シオラン 1949年 ルーマニア・フランス
実存の誘惑  シオラン 1956年
時間への失墜   シオラン 1964年
The New Gods  シオラン 1969年
山の音 川端康成 1949年 N全
千羽鶴  川端康成 1949-51年
眠れる美女 川端康成 1961 小理全
美しさと哀しみと 川端康成 1961-63
仮面の告白 三島由紀夫  1949年 F必全 
金閣寺 三島由紀夫  1956年
豊饒の海  三島由紀夫  1965-70年
大いなる歌 ネルー 1950 W理 チリ
モスカトの一族 シンガー  1950年 W米国
ベルゼバブの孫への話 グルジェフ 1950
孤独の迷宮 パス 1950年 W理 メキシコ
オクタビオ・パス詩集  パス 20世紀後半
はかない人生 ホワン・カルロス・オネッティ 1950
孤独な群集 リースマン 1950
全体主義の起原
全体主義の起原 1 新装版 (1)
全体主義の起原 2 新装版 (2)
全体主義の起原 3 新装版 (3)
アレント 1951年 宮震政
ライ麦畑でつかまえて サリンジャー 1951 C理考Lニ
ハドリアヌス帝の回想 ユルスナール 1951年 N全
モロイ   ベケット 1951年 N考全
マロウンは死ぬ ベケット 1951年
ゴドーを待ちながら ベケット 1952年 GWFC必震理全 解説
名づけえぬもの ベケット 1953年 WN
勝負の終り ベケット 1957年
クラップの最後のテープ ベケット 1958年
見えない人間 エリソン 1952年 NCLニ
コンファブラリオ(寓話集) アレオラ 1952年 Wメキシコ
やし酒飲み チュツオーラ 1952年 Wナイジェリア
老人と海 ヘミングウェイ 1952 N理
まっ二つの子爵 カルヴィーノ 1952年 W全イタリア
木のぼり男爵 カルヴィーノ 1957年 W全考イタリア
不在の騎士 カルヴィーノ 1959年 Wイタリア
日本政治思想史研究 丸山眞男 1952
現代政治の思想と行動 丸山眞男 1956 文K
黒い皮膚・白い仮面 ファノン 1952
デオキシリボ核酸の構造 ワトソン&クリック 1953
論理的観点から クワイン 1953年
Evening Land(Aftonland) ラーゲルクヴィスト 1953年 スウェーデン
失われた足跡 カルペンティエール 1953年 キューバ
哲学探究 ウィトゲンシュタイン 1953 G必賢S哲
オギー・マーチの冒険  ベロー 1953年 F米国
ハーツォグ  ベロー 1964年
フンボルトの贈り物  ベロー 1976年
日本文壇史 伊藤整 1953~73
ひかりごけ 武田泰淳 1954年
国民文学論 竹内好 1954
長いお別れ チャンドラー 1954
ぼくはシュティラーではない フリッシュ 1954年 Wスイス
アンドーラ フリッシュ 1961年
文学空間 ブランショ 1955年 必教
ペドロ・パラモ ルルフォ 1955年 N理考 メキシコ
ロリータ  ナボコフ 1955年 FNC千理考ニ全 米国
解説
青白い火 ナボコフ 1962年
思い出よ、語れ ナボコフ 1966年
アーダ ナボコフ 1969年 W米国
神聖喜劇 大西巨人 1955年
横帆 ケッセル 1955
悲しき熱帯 レヴィ=ストロース 1955年 宮理
野生の思考 レヴィ=ストロース 1962年 賢宮震
楢山節考 深沢七郎 1956年
貴婦人故郷に帰る デュレンマット 1956年 Wスイス
物理学者たち デュレンマット 1961年
ドクトル・ジバゴ
ドクトル・ジバゴ〈上巻〉 (新潮文庫)
ドクトル・ジバゴ〈下巻〉 (新潮文庫)
パステルナーク 1956年 W宮理T
文明の生態史観 梅棹忠夫 1957年
エロティシズム バタイユ 1957
嫉妬 ロブ=グリエ 1957年 必全
路上 ケルアック 1957 C考ニ
文法の構造 チョムスキー 1957
肩をすくめるアトラス アイン・ランド 1957 自L
部屋  ピンター 1957年 Wイギリス
管理人  ピンター 1960年
料理昇降機  ピンター 1960年
モデラート・カンタービレ デュラス 1958年 必全
樅ノ木は残った 山本周五郎 1958 文全
転向論 吉本隆明 1958年
共同幻想論 吉本隆明 1966
山猫  トマージ・ディ・ランペドゥーサ 1958年 Wイタリア
崩れゆく絆
崩れゆく絆―アフリカの悲劇的叙事詩 (1977年) (チヌア・アチェベの世界〈1〉)
アチェ 1958年 WFNCニ ナイジェリア
構造人類学 クロード・レヴィ=ストロース 1958
ゲベラウィの子供たち マフフーズ 1959年 Nエジプト
The Man with Seven Names アルヴェス・レドル  1959年 Wポルトガル
ブリキの太鼓
ブリキの太鼓 第1部 (1)
ブリキの太鼓 第2部 (2)
ブリキの太鼓 第3部 (3)  
グラス 1959年 WN千文考全 解説
物理と哲学 ハイゼンベルク 1959
短編集The Ugupu Bird   ムロジェク 1959年 ポーランド
タンゴ  ムロジェク 1964年
われらの時代 大江健三郎 1959年
万延元年のフットボール 大江健三郎 1967年 必文全
夜と霧 フランクル 1959年
死の棘 島尾敏雄 1960年 必全
真理と方法 ガダマー 1960年
フランドルへの道 シモン 1960年 千全
アレクサンドリア四重奏 ダレル 1960
全体性と無限 レヴィナス 1961年
ソラリスの陽のもとに レム 1961年 必全
わが秘められた生涯 ダリ 1961年
原子理論と自然記述 ボーア 1961
生命の本質 C.H.ウォディントン(ワディントン) 1961
サイレンス ケージ 1961
ジョン・ケージ 小鳥たちのために ケージ  
経済学方法論 宇野弘蔵 1962年
沈黙の春
沈黙の春 (新潮文庫)
カーソン 1962 C文震ニ政
科学革命の構造 クーン 1962年 賢震S哲
都会と犬ども バルガス・リョサ 1962
黄金のノート レッシング 1962年 NC 英国
グーテンベルグの銀河系 マクルーハン 1962年
メディア論 人間拡張の原理 マクルーハン 1964 文震
公共性の構造転換 ハーバーマス 1962年
コミュニケーション行為の理論 ハーバーマス 1981
イワン・デニソヴィッチの一日   ソルジェニーツィン 1962年
ガン病棟 ソルジェニーツィン 1968年 文理
第一圏にて ソルジェニーツィン 1969年
収容所群島 ソルジェニーツィン 1973 C文全政
砂の女   安部公房  1962年 W必全 解説
竜馬がゆく 司馬遼太郎 1962~66年 文読全
坂の上の雲 司馬遼太郎 1969~72年
街道をゆく 司馬遼太郎 1971~96年
エロ事師たち 野坂昭如 1963年
攻撃 ローレンツ 1963
A God and His Gifts   コンプトン=バーネット 1963年 Wイギリス
ある家族の会話 ギンズブルグ 1963
V. ピンチョン 1963
新しい女性の創造 フリーダン 1963
ドストエフスキー詩学 バフチン 1963年
フランソワ・ラブレーの作品と中世・ルネサンスの民衆文化 バフチン 1965
ガーデン・パーティー ハヴェル 1963年 W未邦訳
通達 ハヴェル 1965年 W未邦訳
氷の城  ヴェースオース(ウェーソース)  1963年 ノルウェー
The Boat in the Evening ヴェースオース(ウェーソース)  1968年
チャップリン自伝 チャップリン 1964
文法理論の諸相 チョムスキー 1965
詩作品 ボルヘス 1965
マルコムX自伝 マルコム・X 1965 スLニ
毛沢東語録
毛沢東語録 (平凡社ライブラリー)
毛沢東 1966 C文震Sニ
言葉と物―人文科学の考古学 フーコー 1966年 教賢文震全哲
The Love Department トレヴァー 1966年 アイルランド未邦訳
黒い雨 井伏鱒二 1966 文全
成熟と喪失 江藤淳 1966年
沈黙 遠藤周作 1966
北へ遷りゆく時 サーレフ 1966年 NCスーダン
パラディソ ホセ・レザマ・リマ 1966
ルーベン・ダリオ読本 ルーベン・ダリオ 1966
冷血 カポーティ 1966 C考
巨匠とマルガリータ ブルガーコフ 1966 考全
魔術師 ファウルズ 1966
エクリ ラカン 1966年 賢震
精神分析の四つの基本概念 ラカン 1973年
モードの体系 バルト 1967 震全
冗談 クンデラ 1967
火の鳥 手塚治虫 1967
百年の孤独 ガルシア・マルケス 1967年 WFC必千文震理考ニT全 解説
コレラ時代の愛 ガルシア・マルケス 1985年
グラマトロジーについて
グラマトロジーについて 上
グラマトロジーについて 下
デリダ 1967年 教賢震全
タテ社会の人間関係 中根千枝 1967
夜の軍隊 メイラー 1968
ゲバラ日記 ゲバラ 1968
良心のトランペット キング 1968
スローターハウス5 ヴォネガット 1969 考ニ全
苦海浄土 石牟礼道子 1969 文震
円陣を組む女たち 古井由吉 1969年
偶然と必然 モノー 1970
性の政治学 ミレット 1970
「甘え」の構造 土居健郎 1971 文読
正義論 ロールズ 1971 震哲
自由への挑戦 行動工学入門 スキナー 1971
アンチ・オイディプス ドゥルーズガタリ 1972年 賢震全
名指しと必然性 クリプキ 1972 震哲
成長の限界 ローマクラブ 1972
挟み撃ち 後藤明生 1973年
近代世界システム ウォーラーステイン 1974年
詩的言語の革命 クリステヴァ 1974年
イーダの長い夜--ラ・ストーリア モランテ 1974年 Nイタリア
われらが大地   フエンテス 1975年 Wメキシコ
私の中の日本軍 山本七平 1975
詩集 ライナー・クンツェ 20世紀後半 Wドイツ
素晴らしい歳月 ライナー・クンツェ 1976年
利己的な遺伝子 ドーキンス 1976
パッセージ ゲイル・シーヒィ 1976 心L
枯木灘 中上健次 1977年
ガープの世界 アーヴィング 1978
愛と心理療法 M. スコット・ペック 1978 自L
オリエンタリズム
オリエンタリズム〈上〉
オリエンタリズム〈下〉
イード 1978年 必教賢震
文化と帝国主義 イード 1993年
混沌からの秩序 プリゴジン&スタンジェール 1979
地球生命圏 ラヴロック 1979
精神と自然 ベイトソン 1979年
冬の夜ひとりの旅人が カルヴィーノ 1979
食卓のない家 円地文子 1979年
薔薇の名前 エーコ 1980 震考
第三の波 トフラー 1980
流れとよどみ 大森荘蔵 1981年
ホテル・ニューハンプシャー アーヴィング 1981
予告された殺人の記録 ガルシア=マルケス 1981
真夜中の子どもたち ラシュディ 1981年 N必
悪魔の詩 ラシュディ 1988
ジェンダー イリイチ 1983
想像の共同体 アンダーソン 1983年  解説
存在の耐えられない軽さ クンデラ 1984 考全
侍女の物語 アトウッド 1985 C考
ビラヴド--愛されし者 トニ・モリスン 1987年 NニT 米国
大国の興亡 ケネディ 1988 文政
ホーキング、宇宙を語る ホーキング 1988
ムーン・パレス オースター 1989
日の名残り カズオ・イシグロ 1989
悪童日記 クリストフ 1986 文考全
ローマ人の物語 塩野七生 1992~
ワイルド・スワン ユン・チアン 1993
白の闇 サラマーゴ 1995年 ポルトガル
詩集
パウル・ツェラン全詩集〈1〉
パウル・ツェラン全詩集〈2〉
パウル・ツェラン全詩集〈3〉
ツェラーン 20世紀後半 WN必ドイツ
詩集  エーケレーブ 20世紀 スウェーデン
詩集 Lysohorsky 20世紀 チェコ
美術の歩み ゴンブリッチ 20世紀 Wロシア
グレゲリーア ゴメス・デ・ラ・セルナ 20世紀 Wスペイン、邦訳は一部のみ
ファイズ詩集 ファイズ 20世紀 Wパキスタン
ベル・ジャー シルヴィア・プラス 20世紀後半 W米国
詩集 ロバート・ローウェル 20世紀後半 W米国
エンツェンスベルガー全詩集   エンツェンスベルガー 20世紀後半 Wドイツ
詩集 田村隆一 20世紀後半
詩集 吉岡実 20世紀後半
アウステルリッツ ゼーバルト 2001